らさら荒田本店<公式サイト>/株式会社下堂薗

いっぷくしりーず

かごしま茶の市町村別生産量は全国第1位!その他人気商品を全国発送!

 

気軽にお茶を楽しんでいただきたい。
その思いから「いっぷくしりーず」は生まれました。

「急須でゆっくり時間をかけて、お茶を飲みたいけれど、仕事や家事が忙しくて…」。そんなお客さまの声をお聞きするたびに、もっと気軽にお茶を楽しんでいただく方法がないかと考えていました。

そこで考えたのがティーバッグで淹れるお茶。さらに、一つずつ個包装することで、手軽に持ち運べて、自宅や会社だけでなく、ピクニックやお花見、運動会など、時間や場所を選ばす、気軽にお茶を楽しんでいただきたいと思いました。

ティーバッグを一つずつ個包装したのには、もう一つ理由があります。お歳暮やお中元、お祝いやお返しなど、あらたまった贈り物のイメージがあるお茶。もっと気軽に贈ったり、贈られたりしていただければと、あえて一煎パックを個舗装にしました。自分用はもちろん、一つずつでも、気に入ったものを数種類でも、手軽なプチギフトとしてお使いいただけたらと思っています。

 

いっぷくしりーずがおいしい理由。

 

 

長年の実績と妥協なき心。

そこには、長年の経験と実績で培われた下堂園のブレンド力をベースに、「おいしいお茶を手軽に味わっていただきたい」というスタッフの強い思いがあります。

一見、普通に見えるティーバッグですが、実は随所に工夫を凝らしています。ティーバッグはお茶の風味を閉じ込める三角テトラ型を採用、お湯を注ぐときや味の調整にも便利なタグまでの糸の長さ、長く抽出しても味を損なわない独自の製法など、目に見えない部分にこだわっています。

商品は下堂園ブランドの緑茶「千両」のほか、紅茶、ほうじ茶、それらにミントやゆず、しょうがなどを加えたフレーバーティーがあります。

商品ごとにそれぞれのドラマがありますが、印象深いのは『しょうが紅茶』と『みんなの番茶』です。『しょうが紅茶』は紅茶としょうがの香り、味のバランスが難しく、何度もやり直して完成にたどり着きました。寒い時期に好まれる『しょうが紅茶』ですが、季節を問わずにお買い求めいただいてます。

『みんなの番茶』は妊娠中のスタッフが、「子どもや妊婦さんが安心して飲めるお茶を作りたい」という思いから誕生しました。鹿児島県産有機緑茶を使ったカフェインの少ないお茶は、のどが乾いたときにごくごくと、飲食後や寝る前にも安心してお飲みいただけます。

どちらもいっぷくしりーずの人気商品として成長し、スタッフ一同誇らしく思っています。

 

たくさんの方に「一煎で至福の一服」をお届けするために。
よりおいしく、安心してお飲みいただけるものを。

いっぷくしりーずには、「たくさんの方にいろいろな種類のお茶を楽しんでいただきたい」という思いが込められています。

商品の特徴に合ったパッケージもその一つ。シンプルなもの、かわいいイラスト入りなど、手にとったお客さまに喜んでいただけるものを心掛けています。数種類組み合わせてお買い求めいただいても、しっくりくるようなデザインです。

いっぷくしりーずには和柄の布で包んだ「3個」「7個」「10個」のセットもあります。お正月やバレンタイン、お中元、お歳暮、お正月など、季節ごとに布や水引の形を変え、きりりと華やかにお届けしています。最近は出産の内祝いや結婚式のサンクスギフトとしても人気です。パッケージは名前入りにも対応しています。

いっぷくしりーずは毎年、少しずつ増えています。「こんなお茶が飲みたいね」「このお茶にこのフレーバーを合わせたらどう?」。お茶が大好きなスタッフ同士、楽しみながら商品開発を進めています。

自分たちがおいしいと思えるお茶を、そして、未来を担う子どもたちにも安心して飲んでもらえるお茶を、これからも作り続けていきます。いっぷくしりーずを通して、お茶のある暮らしを感じてもらえれたら幸せです。

 

淹れ方は簡単。
だれでもおいしく淹れられます。

いっぷくしりーずはちょっとしたコツを知るだけで、さらにおいしくいただけます。

■お湯の温度

緑茶は熱湯よりもやや低めの温度のほうが、まろやかで甘みのある味わいになります。
ほうじ茶や玄米茶は熱湯のほうが、こおばしさが引き立ちます。

■蒸らす

抽出中に小皿などでカップにふたをすると、成分が出やすくなります。抽出時間20秒ぐらいが目安です。

■取り出すタイミング

適度な濃さになったらティーバッグを取り出しましょう。長くても1分以内に取り出すのがポイント。
水出しは入れたままでも大丈夫ですが、お湯出しの場合は苦みが出やすくなります。

 

検索結果 15件中110件を表示( 10件ずつ表示 )
  1.  ショッピング
  2.  いっぷくしりーず