らさら荒田本店<公式サイト>/株式会社下堂薗

 知覧茶後藤 80g袋入り

贈答用におすすめの高級茶。やぶきたのふくよかな味わいを楽しめます。

下堂園のお茶の世界

下堂園の1954年、鹿児島市高麗町で創業しました。今はお茶どころとして知られる鹿児島ですが、当時の鹿児島茶の評価はあまり芳しいものではなく、鹿児島のお茶に携わる全ての人が「鹿児島ならではの日本一おいしいお茶を作りたい」という思いを抱いていました。

そこで、下堂園が注目したのが、鹿児島では珍しかった早生品種「ゆたかみどり」の導入。長い歳月をかけて栽培・製茶方法を研究し、独自の「被覆」「火入れ」「深蒸し」の技を開発しました。下堂園の顔ともいえる「火入れ深蒸し ゆたかみどり」は、たくさんの方に愛される人気商品となっています。

このほか、季節限定茶や他の素材と組み合わせたお茶など、新しい鹿児島茶も数多く手掛ける下堂園。
「鹿児島ならではの日本一おいしいお茶を」。その思いは今の時代に受け継がれています。


未来への取り組み

下堂園が描く未来には、さまざまなお茶のかたちがあります。
その一つが1998年、南九州市に設立した自社農園「ビオ・ファーム」。農薬及び科学肥料を一切使用しない有機栽培で育てたお茶を、国内外の約50ヶ国以上に輸出しています。
ドイツの現地法人「下堂園インターナショナル」では、オーガニック緑茶のほか、粉末緑茶や抹茶、緑茶チョコなどを開発。
そのシリーズは、オーガニック日本茶ブランド『KEIKO』の名前で親しまれています。

また、同じくオーガニック茶葉を使ったブランドとして、注目されているのが『KEIKO plus』。鹿児島の希少な果物とコラボしたナチュラルフレーバーティーとドライフルーツは、特に若い女性に人気があります。
「おいしくいれたお茶をそのままお届けしたい」。その思いから誕生した『ボトリング吟醸茶』は、有機栽培・無肥料無農薬自然栽培茶を、加熱加工や添加物を一切使用しない独自の抽出法でボトリングしています。他のストレート茶飲料にはない神秘的なおいしさは、「繊細な料理にもよく合う」と高い評価をいただいています。

KEIKO

ボトリング吟醸茶

KEIKO plus

CHA'HO SHIMODOZONO


お茶を楽しみ、暮らしを味わう。

桜の花に心踊る春、入道雲に彩られた夏の空、山肌を染めゆく紅葉の秋、舞い降りる雪を愛でる冬。日本には豊かな四季があるように、実はお茶も季節の移り変わりによって、いろいろな楽しみ方があります。

さわやかな春の新茶、ごくごく飲める夏の冷茶、秋はほうじ茶や紅茶でまったりと、冬は熟成されたお茶で豊かなこくを楽しむ・・・。お茶だけでなく、季節によって急須や湯呑み、菓子器なども変えると、毎日の暮らしが豊かになります。

らさらでは、お茶だけでなく、お菓子、茶器、雑貨のほか、喫茶ではお茶に合うあんみつやぜんざい、パフェなどもお出ししています。また、お茶を通して四季の移り変わりや身の回りのすてきな暮らし方をご紹介する広報誌『らさらの時間』も年2回、お届けしています。

「たくさんの方に気〈楽〉に、お〈茶〉を、〈楽〉しんでいただきたい」という願いを込めて、21世紀の幕開けとともに誕生した『らさら』。これからも末永くよろしくお願いします。


 

贈答用におすすめの高級茶。やぶきたのふくよかな味わいを楽しめます。

温暖で日照条件に恵まれている知覧のお茶は、透き通った若緑茶と爽やかな香りが特徴です。近年では農林水産大臣賞や全国品評会で連続日本一を受賞しており、高い評価を得ています。

商品名 知覧茶後藤 80g袋入り
販売価格 1,500 円
重量80g
インフォメーション
贈り物上手のすすめ

いつでも手軽に連絡が取り合えたり、「堅いことはなしにしましょう」と、おつきあいのあり方も変わってきました。それでもやはり、季節の変わり目や、心遣いをいただいた時には、そっと贈り物やお返しをお渡ししたいものです。

お中元

表書きは「御中元」とし、「紅白の蝶結び」ののしをかけます。関東と関西では時期が異なるので注意しましょう。

●関東の場合
7月1日〜15日頃まで「御中元」
8月初旬の立秋まで「暑中御見舞い」
それ以降「残暑お見舞い」

●関西の場合
7月中旬〜8月15日頃まで「御中元」
それ以降「残暑御見舞い」

お歳暮

表書きは「御歳暮」とし、「紅白の蝶結び」ののしをかけます。

●贈る時期
12月初旬〜20日くらいまでには届くようにしましょう。
手配が遅れてしまった場合など、慌ただしさをかんじさせないよう、正月の松の内(1月7日)までに「御年賀」として贈る方法もあります。

お祝い事

婚礼や長寿、出産、退職など、人生の節目を祝うさまざまな場面でお茶が贈られています。

●婚礼の内祝い
お茶の木は条件の悪い土地でも根を張るため、「困難に負けず力強く暮らす」という意味や、摘んでも芽が出ることから「お芽出たい」ともいわれています。

●長寿祝い
108歳を祝う「茶寿」にあやかり、「茶寿まで長生きしてほしい」という思いを込めて贈ります。

お悔やみ事

弔事には、「不祝儀を残さない」という考え方があるため、「あとに残らないもの」としてお茶がよく用いられます。

●香典返し
お通夜やご葬儀で故人にお供えいただいた香典へのお返しは、お悔やみいただいた方々へ、弔事が滞りなく終えたことと、御礼の気持ちを伝えるために贈ります。

 

  1.  ショッピング
  2.  知覧茶
  3.  知覧茶後藤 80g袋入り